血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

美容と化学物質の危険な関係

老若男女を問わず、誰でも、
「もっと美しくなりたい」という気持ちがあるものですよね。
人は外見じゃない、なんてよく言いますが、
だからといって外見にまったく構わないというのもどうかと思います。

 

外見にはその人の内側が表れるもの。
内側を磨いていれば、
おのずと外見に関するこだわりも出てくるのではないでしょうか。
「もっと自分を魅力的に見せたい」そう思うからこそ、人は、
化粧をしたりヘアケアをしたり、ケアカラーをしたり、
体臭を気にしたりするのでしょう。

 

でも、美容と健康被害、そして地球環境汚染は常に背中合わせ。
みなさんは、自分が使っているシャンプーやボディソープ、
化粧品にどんな危険性があるのかご存知でしょうか?

 

日常的に何気なく使っているこれらの商品も、実は立派な化学物質。
大学や企業の研究施設や工場で使われているような
おどろおどろしい物質ではありませんが、
それでも、人の健康や自然界の生態系を壊すには
十分すぎるほどの能力を秘めています。

 

例えば、シャンプーで頭がかゆくなったり、
頭皮に吹き出物ができて困ったりしたことはありませんか?
それは、シャンプーに含まれている化学物質が
あなたの身体に悪さをしている証拠。
身体は、この化学物質に必死に抵抗しているのです。

 

たかがシャンプー、されどシャンプー。

 

シャンプーに含まれている化学物質には、
皮膚表面の保護膜を奪ってしまう性質を持つものもありますので、
肌を剥きだしの状態にしてしまうことがあります。

 

また、皮膚から吸収された有害な化学物質は
リンパ管や毛細血管に流れ込み、その一部は皮下に蓄積されます。
経皮吸収は有害物質の吸収濃度が高く、
最悪の場合はガンの原因になることも…。

正しく知ろう!身近な化学物質のコト

シャンプー以外にも、私たちの身近な生活には化学物質が溢れています。
日本国内だけでも、流通している化学物質は
なんと数万種に上るのだとか!
さらに、毎年、新たに数百種の化学物質が製造・使用されているのです。

 

とはいえ、何の規制もなく作り出しては使って廃棄して…
と、繰り返しているわけではありませんのでご安心を。
人の健康や、自然界の生態系に与えるリスクを未然に防ぐために、
法律に基づいた様々な取り組みが成されています。

 

例えば、新たに製造・輸入される化学物質について
事前審査を行うことを定めた「化審法」
自然界に放出した化学物質の量を報告することを義務付ける「PRTR法」
残念ながらこれらの規制は一般家庭ではなく
企業に課せられるものであって、
私たち一般Peopleの生活にはあまり馴染みがないのですが…

 

だからといって、消費者が何もできないというわけではありません。
私たち消費者こそ、世界を変えられる大きな力を持った存在。
「商品を選ぶ」ことによって、市場を変えられる可能性があるのです。

 

ですから、シャンプー一つ買うにしても、成分をきちんとチェックして
健康や生態系に優しい商品を選ぶのがベター。
単に、パッケージのデザインやニオイで選ぶのではなく、
「そのメーカーがどこまで自分たちの健康や地球のことを考えてくれているか?」
に注目して商品を選びましょう。

身体と地球にやさしいオススメのシャンプー

市販のシャンプーで最も問題になるのは、合成界面活性剤です。
これは、水と油を混ぜ合わせるために使われる物質。
強力な洗浄力を持っているため、皮膚のバリアーである
皮脂膜と角質層を破壊してしまう危険性を伴います。

 

動物実験によれば、受精卵に対して
非常に危険な影響を持つことが確認されているのだとか。
合成洗剤の普及率と不妊症の伸び率が一致して伸びていった
というデータもありますので、女性は注意して選ぶ必要があるでしょう。

 

具体的な物質としては、次の2つが要注意!
なるべく、これらを避けてシャンプーを選んでください。

 

・ラウリル硫酸Na(ラウレス硫酸Na)
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Na
 (POEラウリルエーテル硫酸Na)

 

実際は、これらの成分が全く入っていないシャンプーを探すのは
結構大変なんですが…。
最近、女性誌にもよく登場するシャンプーで、
筆者もイチオシのシャンプーがコチラ
rinRenです。

 

鉱物油、シリコン、パラペン、合成香料、合成着色料、動物性原料、
旧表示指定成分、石油系界面活性剤を使用していないという優れモノで、
なおかつ泡立ちも悪くない!

 

しかも、洗い上がりは髪の毛もつやつやですし、
柑橘系の自然な香りがまたリラックス効果バツグン◎

 

種類は2つあり、ユズ&ジンジャーベースのものと、
コナツ&カメリアベースのものがあります。

 

価格は、550ml 1943円(店舗によって多少のバラツキあり)と、
ナチュラル系のシャンプーとしては
比較的リーズナブルな設定となっています。

 

お近くのDSでも簡単に手に入ると思いますので、ぜひ一度お試しあれ!