血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

コアマッスルと基礎代謝の関係

最近、雑誌のダイエット特集やダイエット本でよく見かけるのが
「コアマッスル」という言葉。
マッスル=筋肉のことですから、どこかの筋肉を意味しているんだろう
ということはなんとなく想像がつくと思います。

 

でも…一体どこの筋肉?

 

コアマッスルとは、日本語に訳すと「体感支持筋群」
肩〜背中〜腰についていて、
身体の姿勢をキープするために使われる筋肉のことです。
このコアマッスルがしっかりしている人は、
ピンと背筋が伸びて姿勢が美しく見えます。

 

姿勢を良くするというのは、簡単に見えて実はとても難しいこと。
普通は、意識していないと背中が曲がってしまってしまいます。
そして、そのまま意識せずに姿勢の悪い状態を続けていけば、
コアマッスルは確実に衰えて姿勢がどんどん悪くなってしまいます。

 

実は、コアマッスルを鍛えることには、
姿勢が美しくなるばかりではなく健康面でも様々な利点があります。
意識して筋肉を使い、その筋肉を鍛えるわけですから、
身体の筋肉量が増えて発熱量が増えます。
これは体温が上がることにつながり、血巡りも良くなり、
身体の各部の細胞も活性化するんです。

 

また、実は、これだけで身体の基礎代謝は20%もUPするのだとか!
基礎代謝とは、寝ているだけでも消費される
基礎的なエネルギー消費量のことですが、
これが上がるということは痩せやすい体質になるということ。
無理な食事制限をする前に、まずは体幹を鍛えることです!

コアマッスルを簡単に鍛えるには?

コアマッスルを鍛えることで健康や美しさを手に入れられる。

 

…でも、一体どうすれば鍛えられるのでしょうか?

 

最も簡単なのは、常に姿勢を正すように意識すること。
雑誌のモデルのように、常に背筋を伸ばし、
お腹にグッと力を入れて腹筋を引いて!
例えば電車の中で立っている時も、
ボーっとしてドアに寄り掛かったりするのではなく、
お尻の穴を引き締めるような感覚で
キュッと下半身の筋肉に力を入れて立つんです。
自ずと上半身もシャキッとしますので、
見た目にも姿勢が美しく見えるでしょう。

 

また、パソコンの前に座って仕事をしている時も、
だら〜&ぐで〜っと顔を突き出して頬杖をついているようではダメ!
椅子の背もたれにはよりかからず、
お腹にグッと力を入れて背筋を伸ばしましょう。

 

たったこれだけのことですが、
体幹部の筋肉を意識して生活するのとそうでなないのとでは雲泥の差です。

 

最初は疲れると思いますし、筋肉痛になることもあるかもしれません。
でも、ハードな運動をせずに日常生活の中の動きだけで
痩せやすく・健康に・美しくなるんだったら儲けものだと思いませんか?

ダンス・ダンス・ダンス!

日常生活の動きでもコアマッスルは十分に鍛えられますが、
「それだけじゃ物足りない!」
というアクティブな方には、今話題のカーヴィーダンスやベリーダンス、
ちょっと古いですけどコアリズムがオススメ。
いずれも主に腰の動きをメインとしたダンスですが、
女性らしいしなやかな動きは、
コアマッスルを鍛えてセクシーなボディラインに導いてくれます。

 

筆者のオススメは、コアリズムの姉妹品「ヤーナリズム」
コアリズム同様、DVDを見ながらダンスを踊るというものですが、
ラテンやヒップホップ等、
お好みに合わせて動きの違うダンスを楽しむことができます。

 

この中の「ベリーダンス」は、
コアマッスルを楽しく・美しく鍛えるのにもってこいの内容!
腰を回したり、波のように揺らしたり、ひねったり、激しく振ったり…。
気持ち良い汗をかきながら体幹を無理なく鍛えられると思います。

 

畳一畳分くらいのスペースがあれば十分踊れるダンスですので、
マンションやアパート暮らしの方でも無理なく実践できますよ◎

 

軽いウォーミングアップ⇒レッスン1⇒レッスン2⇒クールダウン、
全行程で40分ほどです。