血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

なぜか元気になる魔法の飲み物?

風邪を引いた時や、どうにも疲れが取れない時。
ついつい頼ってしまうのがドリンク剤。

 

最近は種類も豊富で、
従来の通り「疲れに効く」タイプのものもあれば、
肌荒れに効くタイプのもの、二日酔いに効くタイプのもの…
色々な種類のドリンク剤があります。

 

筆者も、どうにもニキビがヒドい時にはお世話になりますよ(笑)。
不思議なことに、ドリンク剤を飲むと肌荒れも落ち着きますし、
なんとなく体が元気を取り戻すような気がします。

 

「一体、どんな成分が入っているんだろう?」
と瓶の成分欄を見てビックリ!!
なんだか…カタカナの化学物質の名前がずらり。
ぐえ〜、こんなに小さな瓶の中に、ここまでがっつり詰め込んでるんだあ。
そりゃあ、元気にもなるハズだよね(苦笑)。

 

色々調べてみてわかったことですが、大まかに分けると
「アルコール」が入っているものと入っていないタイプのものがあり、
「今すぐに元気になりたい!」という
即効性を期待する場合にはアルコール入りのドリンク剤が向いています。

 

徹夜で仕事を片付けるような場合には、
アルコール入りが良いらしいです。

 

対して、肌荒れ改善や
慢性的な体の不調(疲れ、血行不良)を改善したい場合は、
ビタミンや生薬配合のタイプを選ぶがベターです。

毎日飲んでも大丈夫?

ドリンク剤は、飲むと確かに体に力が湧いてきますが、
ちょっと甘すぎるのが気になるところ。
飲むと、喉がへろへろします(笑)。

 

それもそのハズ。
ドリンク剤には脳の働きを活性化させるという目的もあるため、
糖分の含有量が非常に高いのです。
脳にとっては糖分が一番の栄養ですから…。

 

そのため、毎日飲み続ければ糖尿病になるリスクが高くなります。
「なんだか疲れたな〜」
「肌が疲れてるな〜」
と思った時に、たまに飲むくらいがちょうど良いということでしょう。

 

そもそもドリンク剤は1本あたり数十mlで数百円と
決して安いお買い物ではありません。
毎日飲んでいれば、お財布だって悲鳴を上げるでしょう。

 

また、成分として含まれているアルコールやカフェインには
依存性があるため、
長期に渡って飲み続ければ依存症にもなり兼ねません。

 

ドリンク剤は、後々の反動も考えて飲むようにしましょう。

飲み合わせを間違うと…

なんだか風邪気味だから、薬を飲んで早く寝よう。
ついでにドリンク剤も飲んでおこうっと。

 

…なんて、風邪薬とドリンク剤を一緒に飲んでしまったりしていませんか?
覚えておいて欲しいのは、ドリンク剤には
数mgとはいえアルコール分が含まれているタイプが多いということ。
お酒と薬を一緒に飲むのがタブーとされているように、
ドリンク剤と薬を一緒に飲むのも実は危険です。

 

特に、睡眠薬や糖尿病治療薬と一緒に飲むのは危険!
睡眠薬の効用が強くなり過ぎたり、
血糖値のコントロールができなくなってしまったりします。

 

ちなみに、最近のドリンク剤によく含まれている
「タウリン」という物質も、
適度な量なら肝臓の機能を効果的に高めてくれるものですが、
過剰摂取はかえって身体に負担をかけます。
それを分解するために、肝臓を働かせることになりますから…。

 

どんなに身体に良い成分でも、身体の代謝能力には限りがありますので、
余剰に摂取することはオススメできません。

 

もし、あなたが、栄養ドリンクを
ジュースやコーヒーと同じ感覚で捉えているのだとしたら、
ちょっと意識を変える必要があるでしょうね。