血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

音楽で良い汗流そう!

ジャンルこそ違えど、
誰でも多少は音楽に触れる機会があるのではないでしょうか。
逆に、全く音楽を聴かないという方のほうが珍しいのでは?

 

人の車に乗せてもらったりすると、
その人が普段どんな音楽を聴いているのかを知る
良い機会になりますよね。
どんな音楽が好きかによって、
なんとなくその人の人となりが見えてくるような気がします。

 

筆者は洋楽のロックが大好きなので、
もっぱらそちらの方面ばかりですが(笑)、
たまに友達の車に乗って日本のポップスが流れていたりすると、
「そっか〜、今はこういうのが流行っているのね」と勉強になりますし、
「この子って、意外と重い女なのかな(苦笑)」と思ったり…。

 

最近、なんとなく元気がないなと思う人には、
やはりロックを勧めたくなりますね(笑)。
聴いているだけで全身の血が沸き立つ感じがしますし、
確実に血行は促進されていると思いますよ。

 

実際、テンポの良い音楽を聴くと、
血管が開いて血巡りが良くなる効果があると言われています。

 

ひとたびライブへ行けば、真冬の寒さもなんのその!
外を歩いてかじかんでいた指先も、あっという間にポカポカです。

 

音楽に合わせて、飛んだり跳ねたり、ダイブしたり。
あっという間に身体がポカポカになりますので、
ちょっと蹴られたり踏まれたりしたくらいではケガもしません。

 

あれはもう、ちょっとしたスポーツですね(笑)。

 

「スポーツはしたくないけど、身体を動かして楽しく血行促進したい」
そんな方に、ライブは一番おススメです◎

クラシック音楽でリラックス

「血行が良い状態」というのは、なにも、汗をかいたり
息をはずませたりすることばかりを指しているわけではありません。
のんびりリラックスした状態でも、血行を促進することが可能なのです。

 

その方法の一つが、クラシック音楽を聴くこと。
中でも、モーツアルトの音楽は
「音楽療法」として実際の医療現場でも広く利用されていますよね。

 

クラシック音楽には、血圧を安定させて高血圧を抑える作用があります。
また、交感神経を緩めて副交感神経優位な状態を作り出しますので、
血管が拡張して血行が良くなるんです。

 

仕事でイライラしたり、忙しくて気持ちが急いてしまいがちな時は、
あえてのんびり寝転がってクラシック音楽でも聴いてみましょう。
身体が温まって、その夜はよく眠れるハズです。

 

クラシック音楽と似たところで言うと、
巷でよく見かける「ヒーリング音楽」(オルゴールの音色など)の類も、
心身をリラックスさせて血行を促す作用が期待できます。

 

マッサージやエステに行くと、
ヒーリング系のBGMが流れているのはそのためです。

カラオケで血巡り改善

最後に、音楽を使った、とっておきの血行促進法をご紹介しましょう。

 

それは…ずばり、カラオケです!
好きな曲を、人目を気にせず熱唱すれば、
自ずと血巡りも良くなって体温も上がってきます。

 

しかも、カラオケには脳を活性化させるという嬉しい効果もアリ◎
歌詞を覚えたり歌ったりする行為は左脳が司り、
リズムをとったりする行為は右脳が司っているため、
カラオケならば両方の脳を一度にバランスよく刺激できるというわけです。

 

血行改善と脳トレを兼ねて、
今夜あたり一曲歌いに行くというのはいかがでしょう?