血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

コーヒーにまつわる誤解を解く

「コーヒーは身体に悪い」
…どこかで聞いたのか、
それとも何かで読んだのかは定かではないけれど、このフレーズだけが
脳裏にくっきりとインプットされている方って多いですよね。

 

でも、これは実は大きな誤解。
コーヒーには、意外な健康効果が色々あるんです。

 

まず、よく知られている「眠気を防ぐ」という効果。
これは、コーヒーに含まれるカフェインによる作用です。
眠気がなくなれば、大事な会議で眠ってしまうこともありませんし、
仕事の作業能率も格段にUP!
サラリーマンにとっては強〜い味方です。

 

また、女性にとっても嬉しい効果が。
それは、便秘解消にテキメンだということ。
筆者も、お通じは朝1杯のコーヒー頼みです(笑)。
カフェインには腸の蠕動運動(排泄物を外に出そうとする動き)を
促進させる効果があり、その働きが便意につながるのだとか。

 

さらに、このカフェインには、脂肪細胞の中に入って、
脂肪を分解する酵素を活性化するという作用もアリ!!
しつこい脂肪に働きかけて、
分解を促進して血中に脂肪酸として放出してくれるというんです。
このタイミングで運動すれば、ダイエット効果UP間違いなし。
「運動前にコーヒーを飲むと痩せやすくなる」と言われるのは、
このような仕組みがあるからなんです。

 

ちなみに、ブラックのコーヒーでも
油が浮いているように見えることがありますが、
アレはコーヒー豆由来の成分。
カロリーにしてみれば微々たる数値ですので、
ダイエット中も気にする必要はありません。

まだまだある!コーヒーの健康効果

コーヒーの嬉しい効果はまだまだあります!

 

よく、コース料理の最後にコーヒーが出てきますよね?
これは、食後のコーヒーが胃酸を分泌して消化を助けてくれる
という作用があるから。
ニンニクのニオイを消すという嬉しい効果もありますので、
ガーリックたっぷりのイタリアンなどを食べた後にもオススメです。

 

飲み会の後に飲めば、肝臓の働きを活性化して
アセトアルデヒドの分解を促進することも可能ですよ!

 

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は
ガンや動脈硬化などの原因物質である活性酸素を消去してくれる成分を
含んでいるそうですので、成人病の予防にも効果的◎

 

他にも、次のような健康効果が知られています。
(いずれも、新聞や学術誌に掲載されたことのある情報ばかりですので
信憑性は高いと思われます!)

 

・1日1杯以上飲む人は、肝臓ガンで死ぬ危険率が飲まない人の半分である。
・1日3杯以上飲む人は、胃ガン発生率が飲まない人の半分である。
・活性酵素を消去⇒アンチエイジング効果アリ!
・コーヒーをよく飲む人ほど血糖値が低めである。※ブラックに限る。

コーヒーのタブー

どうでしょうか?「コーヒーは身体に悪い」という誤解を、
少しでも解くことができたでしょうか?

 

ここまで、コーヒーの長所を集めて紹介してきましたが…。

 

ゴメンナサイ、実は残念な点もあります。

 

例えば、すきっ腹にコーヒーを流し込むという行為。
これは、確かに眠気を覚ましてくれる効果があることは確かなのですが、
空腹時に飲むとカフェインが脳の迷走神経を刺激して
胃酸を過剰に分泌させることになってしまいます。
食後ならば消化が促されてOKなのですが、
空腹時は胃酸で胃が荒れる原因になりますのでご注意を!

 

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸は
鉄分と結合しやすいという性質がありますので、
貧血気味の方にはNG!
せっかく食事で摂取した鉄分が奪われてしまうことにもなり兼ねませんので、
貧血の方はコーヒーの飲み過ぎに注意しましょう。