血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

ストレスと動脈硬化の関係

動脈硬化は、血管(動脈)の柔軟性が失われて硬くなってしまう症状。
一見、ストレスとは関係なさそうに思えますよね。

 

しかし、そこには切っても切り離せない密接な関係があります。

 

なぜなら、血圧や血液をコントロールしている自律神経系は
ストレスによる影響を受けやすいから。
自律神経系がストレスによるダメージを受けて正常に機能しなくなれば、
血圧や血液のコントロールもまともにできなくなり、
結果として、血液が流れている血管(動脈)にも
影響をきたすことになります。

 

もっと具体的に言うと、過剰なストレスにさらされ続けると
自律神経系のバランスは乱れ、交感神経が優位な状態が続きます。

 

血管は収縮して血圧が高くなるため、
それだけ血管にも負担がかかります。
これは、動脈硬化を進行させることにつながりますし、
血流も悪くなるために、身体は“冷えた”状態が続きます。

ストレスから身を守る簡単な方法

ストレスは万病の元と言われますが、
動脈硬化に関しても例外ではありません。

 

ストレスは血管を内側から蝕み、
動脈硬化への道筋を確実に縮めてしまいます。

 

自分の血管がどんな状態になっているのか、
毎日目で見て確認することはできませんが、
「血行が悪くなった」
「なんだか冷える」
「疲れやすい」
「肩凝りがヒドイ」

 

…といった不快症状が表れた場合は、
動脈硬化が進行している可能性があります。

 

動脈硬化を予防するためには、過剰なストレスから身を守って
毎日を少しでも楽しく暮らすことが大切です。

 

ストレス解消法は他人によって異なりますが、
ここでは誰でも・今日から始められる方法をご紹介しましょう。

 

★深呼吸
“息を吐く”という行為には、副交感神経を活性化させて
心身をリラックスさせる作用があります。
会社などで「あ〜、もうダメだあ!」と思った時は、
背筋を伸ばして大きく息を吸い込み、
吸い込んだ時の2倍以上の時間をかけて息をゆっくりと吐き出しましょう。
この時、口をすぼめて少しずつ息を吐き出すのがポイントです。
これを繰り返していると、不思議なもので、
本当に気持ちが落ち着いてきます。
上司の一言にイラッときた時や、
大事なプレゼンの前でプレッシャーに押しつぶされそうな時、
ぜひ試してみてください!

 

 

★入浴
ストレス解消法の王道といえば、やっぱりお風呂でしょう!
人は緊張が続くと、交感神経が優位な状態になって血管が収縮します。
この硬くなって冷えた血管を、湯船でじっくり温めれば、
副交感神経が刺激されて全身の血管が徐々に弛緩していきます。
血巡りが良くなれば、気分も解きほぐされて
後ろ向きな考えもお湯に溶けてしまうでしょう。
心臓への負担を考えると、40度前後の湯船で半身浴がおススメです。

 

 

★音楽
難しいことを考えすぎて、頭がパニックになることってありますよね。
そんな時は、好きな音楽を流して、一緒に歌ってみましょう。
音楽を聴いてその歌を口ずさむという行為は、
脳の活性化に非常に効果的なのだとか。
脳内の血管や神経細胞が良い意味で刺激されて、
良いアイデアが浮かぶようになります。

 

 

★ストレッチ
長時間のデスクワークは、想像以上に心身にストレスを与えているもの。
朝から晩までともなれば、なおさらです。
1日の仕事が終わった後は、大きく背伸びして、
全身の筋肉をほぐしてあげましょう。
首を回して、首〜肩〜頭の凝りをほぐすのもおススメ。
筋肉が刺激されることで血管もマッサージされ、
全身の血行が促されるハズです。