血行ドットコム

不妊の原因は血行不良?

「子供が欲しいのになかなか授かることができない」
…という不妊の悩みを抱える女性は多いと思います。

 

周囲からのプレッシャーに耐えながら、
精神的・金銭的なストレスの高い
不妊治療に通っている方もいらっしゃるでしょう。

 

遠路はるばる通院している方も…。

 

しかし、不妊治療の効果に一喜一憂する以前に、
考えなくてはならない問題があります。

 

それは、自分の“血行”。

 

血行が悪くなると、冷えや頭痛、肩こり、腰痛など
様々な不調が表れてきますが、
実は血行不良は不妊の原因にもなり得るんです。

 

子宮や卵巣など、命を授かる上で重要な臓器に
血液がスムーズに流れなくなってしまうと、
正常な排卵が起こらなくなってしまったり、
せっかく授かった赤ちゃんを
元気に育てることができない状態になってしまいます。

 

不妊や流産の原因を血行不良に限定するのは難しいですが、
血行の状態を改善することで
不妊を克服できる可能性は十分に期待できます。

 

脱・不妊を目指すなら、主に下半身の筋肉を動かすことで
血液の循環を改善することをオススメします。

 

運動不足を解消して、脱・不妊!

不妊と血行不良の間には密接な関係があります。

 

では、なぜ血行不良になってしまうのか?

 

その原因の一つとして、運動不足が挙げられます。
運動不足になると筋肉量が低下してしまいますよね。
筋肉は、身体中に血液を送り出す心臓の働きをサポートする
“ポンプ”のような役割を担っていますので、
筋肉量が少なくなると血行にも支障をきたします。

 

また、身体の熱を作りだす機能も低下。
結果的に身体を“冷えた状態”にしてしまうのです。

 

このような血行不良や冷えは、不妊の引き金になります。
なぜなら、血行が悪くなるとホルモン分泌も低下してバランスが崩れてしまうため、
ホルモンの指令を受けて機能している卵巣や子宮は
正常に機能できなくなってしまうからです。

 

また、子宮や卵巣への栄養供給も滞りますので、
排卵や着床に支障をきたします。

 

つまり、不妊治療のためには、適度な運動で筋肉を鍛えることが大切!
筋肉が作り出す熱によって身体の冷えが解消すれば、
赤ちゃんにとって居心地の良い環境を作り出すことができます。

 

1日30分のウォーキングでも下半身は十分鍛えられますので、
明日からでも始めてみてください!

 

骨盤の血行を促して不妊を克服しよう

“靭帯”を鍛えて骨盤の血行を促進!

 

@正座しましょう。膝から下は外に開き、
お尻は床にぺたんと着けた状態です。

A息を吐きながら、上半身を後ろに倒していきましょう。
背中が床に着くまで倒します。

B背中が床に着きましたか?今
度は、その状態で両膝に力を入れて、両方の太ももの間を狭めていきます。

C太ももが痛いな〜と思ったら、効いている証拠!

Dそのまま2〜3回呼吸を繰り返し、
息を吸いながら上半身を起こして元の位置に戻しましょう。

 

身体が硬い方にとっては苦しいかもしれませんが、
何度かやっていればだんだん身体もやわらかくなってきます。
お風呂上がりなどは、血行がよくなって筋肉もやわらなくなっていますから、
無理なくできると思います。
1日5回を目処に行いましょう。

 

簡単!血行改善ストレッチ

 

@正座をして座りましょう

A片足だけ、後ろに伸ばしてください。

B上半身を、正面を向いたまままっすぐ伸ばします。

C息を吸いながら、両腕を前方に伸ばし、
肩の高さまで上げていきましょう。

D今度は息を吐きながら、両腕を左右に開きます。

E上半身をそらして、胸を開くようなイメージで腕を後方に伸ばしましょう。

F顔を天井に向けます。
そのまま、5回ほど深く呼吸を繰り返します。

 

背筋がピンと伸びて、血行が改善するのはもちろんですが
気持ちもすっきりするストレッチ!
バストアップにも効果的ですよ♪