血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

耳鳴りの原因とは?

突然、周りの音が静かになって、
キーン…と遠くから超音波のような音が響いてくる感じ…。

 

「ん?モスキート音?」

 

いえいえ、モスキート音が聞こえるようなお歳ではないですよね(笑)

 

これは、「耳鳴り」と呼ばれる症状。
健康な人でも、たまに耳鳴りに見舞われることがありますが、
しょっちゅう起こるようだと耳の病気を疑う必要があるでしょう。

 

耳の病気は、例えば、中耳炎、突発性難聴、耳管狭窄症、耳垢栓塞、
メニエール病、老人性難聴などがあります。
特に最近は、ストレスが原因で突発性難聴を発症する人が多いといいます。

 

しかし、必ずしも耳の病気が原因ではない耳鳴りもあります。
高血圧や低血圧など血管系の異常がある場合にも
耳鳴りが生ずることがあるのです。

 

肩こりで首〜頭部の血行が悪くなった時や、
更年期障害の症状の一つとしても挙げられるようですね。

 

つまり、耳鳴りの症状もまた、血行と密接に関係しているということです。

耳と内臓はつながっている

一時期、「耳ツボマッサージで痩せる」というダイエット法が
流行ったのをご存知でしょうか?
耳にはツボが数多く密集していますので、
食欲中枢を司るツボを押すと食欲が抑えられるという理論です。

 

一見、耳と内臓なんてなんら関係がなさそうに思えるのですが、
実はものすごい深いつながりがあるんですよね。

 

東洋医学では、耳と内臓は深く関係していると考えます。
この場合、「内臓」という言い方ではなく、「腎」と表現するのが正解。
東洋医学で言うところの「腎」とは、
西洋医学でいうと「腎臓」「生殖器系」「内分泌系」「自律神経系」…と、
生命の維持に必要な器官全てを含んでいます。

 

これらの機能が衰えると、耳鳴りが起こりやすくなると考えるんですね。

 

筆者はあまり耳鳴りの経験がないので実践してみたことはありませんが、
身体を温めことで腎の血行を促すと、
耳鳴りが改善するということのようです。

 

身体の様々な部分とつながっているツボが密集してるわけですから、
内臓の機能が低下すると耳にもなんらかの影響が表れるというのは
頷ける話です。

 

耳の病気を患っているわけでもないのに
なんだか耳鳴りが気になるという方は、身体の血行を促すことで
内臓の細胞を活性化させてみてはいかがでしょう。

 

いつもシャワーで済ませているところ、
ゆっくり湯船につかるようにしてみるとか、
いつもよりも厚着で過ごすようにしてみるとか…
そういった小さな行動から血行は改善していくものです。

 

意識的に自分の身体をいたわる“思いやり”が大切なんですよ。

身体を温めて「腎」の血行を促進しよう

「腎」という言葉が出てきたところで、
ちょっと「腎臓」と血行の関係に目を向けてみましょう。
(※東洋医学での「腎」は、腎臓に限りません。
ここではあくまでも参考として腎臓をクローズアップしています)

 

腎臓とは、主に、血液から老廃物を濾過して
尿として膀胱へ送り出す働きを担当している臓器。
腎臓の機能が低下すると、身体から不要物を排出することや
血液中の水分量を調整することが難しくなります。

 

しかも厄介なことに、低下した機能は元に戻りません。
これが、いわゆる「腎不全」という状態ですね。
こうなると、もう取り返しがつかず、
人工透析が必要になってしまいます。

 

腎臓の異常は自覚症状が出にくいという点が特徴的なのですが、
背中に痛みや違和感を覚えたら
腎臓の病気である可能性が高いので注意が必要です。
早めに専門医を受診することをオススメします。

 

予防のために日頃の生活でできることと言えば、
やはり身体を温めて内臓の血行を促進することでしょう。
血行が良くなれば、腎臓の細胞も活性化し、
濾過を助けて毒素が排出されやすくなります。