血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

現代人の体温は下がっている

突然ですがみなさん、ご自身の平熱が何度かご存知でしょうか?

 

多くの方は、「36か37℃くらいかな」と答えると思います。
筆者も、おそらく36〜37℃くらいだろうと思い込んでいましたから。

 

これはたぶん、子供の頃から「熱がある=37℃を超えている」と、
刷り込まれているからではないでしょうか?

 

しかし、実際のところは、36℃より低い
「低体温」気味の方が増えているのだとか。
1950年代の調査では日本人の平均体温は36.89℃だったといいますから、
1℃以上下がっていることになります。

 

たまに、「私って体温が低いからさ〜」なんて自慢げに言う若い女性を見かけますが…

 

実はそれってとんでもなく危険なこと!
体温が低いと血行も滞りがちで、身体に様々な不調が表れてきます。

 

「最近、なんとなく不調なんだよね」と感じている方は、
まずはご自身の平熱を確認してみることをオススメします。

 

ところで、なぜ現代人の体温は下がっているのでしょうか?
原因としては、空調技術の発展によりエアコンが広く普及したことにより、
体温を自分で調整する機能が衰えてきていることが挙げられます。
本来、人間の身体は、暑さや寒さなど外の環境に応じて
自分の身体を調整する機能を備えているのですが、
年中快適な環境で過ごせるようになったことによって
本来のチカラが弱くなってしまったんですね…。

 

皮肉なものです。

血行不良とカラダの不調

体温が下がると、当然のことながら身体の中は冷えてしまいますよね?

 

これは、例えていえば、細胞を冷蔵庫に入れてしまうようなもの。
生チョコなんかは冷えて美味しくなりますが(笑)、
私たちの体内細胞は困った状態になります。

 

まず、細胞の合成や代謝を行う酵素や、
遺伝子の修復を行う酵素の活動が低下してしまいます。
酵素は、38℃以上の温かい環境がお好み。
体内の温度が38℃ということは、
体温計で測った時に37℃程度は必要ということです。

 

また、体温が低下すると、身体の中の脂肪分が固まってしまいます。
例えば、油物の料理を冷蔵庫に入れると
冷えて白く固まってしまったりしますよね?
あのイメージです。

 

これは、血管の内側を狭くする元。
血液の巡り=すなわち血行が悪くなり、
身体の各所に必要な栄養物や酸素を届けることができなくなってしまうのです。

 

これが、血行不良によって身体に不調が表れるメカニズムですね。

 

なんとなくダルい、なんとなく不調…というお悩みを抱えている方は、
血行を改善するところから始めてみてはいかがでしょうか。

心の不調も血行不良が原因?

血行不良が引き起こす不調は、身体の症状に留まりません。

 

なんだか憂鬱。やる気がない。気持ちが塞ぐ…
そんな心の不調も血行が影響している可能性が高いんです。

 

なぜなら、体温調整を司る自律神経系は、
心の問題と密接な関係がある機能だから。
副交感神経は「リラックスした状態」を、
交感神経は「緊張した状態」を司る神経ですが、
これはすなわち血管を弛緩・収縮させることでもあるため、
体温調整にダイレクトに関係してくるんです。

 

うつっぽかったり、
なんだか心がすっきり晴れないという不調を感じている場合は、
この自律神経系のバランスが乱れて、「リラックス」と「緊張」が
うまく調整できなくなっているのかもしれませんよ?

 

なにかとストレスが多く、心の不調を感じやすい現代社会だからこそ、
血行を促して心も身体も“血巡りの良い人”でありたいものですね。