血行ドットコム

アレルギーの原因はさまざま

花粉症や食物アレルギー、じんましん、アトピー性皮膚炎など、
現代人の多くが悩まされているアレルギー症状。

 

その原因はさまざまで、
中には明確な原因を特定できない症状もあります。

 

そもそもアレルギーは、免疫系が過剰に反応している状態。
細菌、ウイルス、花粉など、自分とは異種の蛋白が体内に侵入したり、
体内に抗原物質が生じた場合に起こる反応です。

 

この免疫反応は、本来は異物から自分の身体を守る上で
非常に大切なものなのですが、
身体にとってそれほど有害ではないものにまで反応してしまう場合があります。
この過剰な反応を指して「アレルギー」と呼ぶのです。

 

西洋医学では、この過剰なまでの免疫反応を抑えるために
免疫抑制剤を用いるケースが多いのですが、
東洋医学では腸の機能不全に注目します。

 

腸の血行が悪くなっていると、
身体にとって有害な食べ物を解毒できずに体内に吸収してしまいます。

 

これが再び血行に乗って血液を汚してしまうことが
アレルギーの原因と考えるのです。

 

※余談ですが、「アレルギー」という言葉を作ったのは、
オーストリアの医師、クレメンス・フライハー・フォン・ピルケ氏だそうです。

 

血行とアレルギーの間には深い関係が!

アレルギーは、身体のいたる部分に表れる可能性を秘めています。

 

…ということは?そう!!
アレルギーと血行は深い関係があるということです。
血液は、全身を流れていますからね…。

 

東洋医学では、古くから「万病一元血の汚れ」と伝えられていて、
血行と病気は密接につながっていると考えられてきました。
血流をよくするということは、
アレルギーの予防・改善だけでなく、
すべての病気の予防・改善につながるのです。

 

では、血行に問題があるとなぜアレルギーがひどくなるのか?

 

それは、血行不良により内臓の機能が低下するからです。
血行が悪いと、各内臓に十分な酸素や栄養を運ぶことができませんよね?
当然、機能も低下してしまいます。

 

すると、栄養の吸収や老廃物を処理する
“代謝”という機能がダウンしてしまい、身体にとって有害なものを
上手に体内に排出することができなくなってしまうのです。

 

特に、ストレスが溜まる生活をしている方は要注意!

 

ストレスは自律神経のバランスを乱して血行を悪くしてしまうので、
アレルギーを誘発しやすいのです。

 

この現代社会の中で「ストレスを感じるな」と言われても難しいと思いますが、
自分なりのストレス回避法、発散法を見つけて、
なるべく心穏やかな日々を過ごしましょう。

 

アレルギー、ホルモン、血行の三角関係

アレルギーと血行の関係について紹介してきましたが、
アレルギーの原因を語る上でもう一つ大切なポイントがあります。

 

それは、副腎皮質ホルモンというホルモンのバランスです。

 

副腎という臓器から放出されるこのホルモンは、
花粉症やアレルギーと深い関わりがあることで知られています。

 

身体が自分にとっての異物を除去する反応=
イコール“免疫反応”を司るホルモンでもあるため、
免疫反応に異常がある場合は
このホルモンバランスが崩れている可能性が疑われるようです。

 

実際、花粉症に悩む方の中には、
このホルモンを分泌する「副腎」が弱っている方も多いのだとか…。

 

また、ホルモンは血行に乗って全身に運ばれるものですので、
血行が悪くなると当然のことながらホルモンの運搬にも支障が出てきます。

 

副腎そのものの機能低下と、血行不良、
両方を疑ってみる必要がありそうですね!