血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

冷えは万病の元

昔から、「冷えは万病の元」とよく言われますよね。
実際、身体が冷えると手足がかじかんで思うように動かせなかったり、
胃腸の調子が悪くなったり、
がん細胞が活性化してしまったり…と、
身体にとって良いことは一つもありません。

 

実は、この「冷え」という症状も、
原因を辿ってみれば血行不良が元になっているんです。

 

血行が悪く血巡りが滞っている状態では、
全身の細胞に酸素や栄養素が十分に供給されず、
細胞の新陳代謝が低下してしまいますよね。
これでは脂肪を燃やすこともできませんし、体温も上がりません。
結果的に身体が冷えた状態になってしまうというわけです。

 

特に、長期間に渡って強いストレスにさらされていると、
交感神経が過剰に活性化して血管が収縮した状態が続き、
おのずと血巡りが悪くなって身体は常に冷えた状態に…。

 

現代人に「低体温」の人が増えているのは、
ストレスによる血行不良が原因とも言われているようです。

肩こり・腰痛も血行の病

血行不良による症状の代表格といえば、
やはり肩こり・腰痛ではないでしょうか。
長時間のデスクワークなどで、肩や腰の筋肉が緊張した状態が続くと、
おのずと血行が悪くなってしまいます。

 

しかも、筋肉に溜まった乳酸などの老廃物スムーズに回収できなくなるため、
それらが神経を圧迫して痛みやこりを感じるようになるというわけ。

 

終日、パソコンに向かいっぱなしという生活を続けている方にとっては
切実な問題ですよね。

 

肩こりや腰痛といった不快症状を緩和するには、
とにかく筋肉を温める温熱療法がおススメ!

 

ストレッチなどで筋肉を伸ばしてあげるのも効果的ですし、
レンジで熱したタオルを当てて温めるというのもGOOD。

 

(実際、美容室ではこの方法で首筋〜肩を温めてくれますよね)

血行不良は美を損なう!

血行不良よる症状は、身体の“機能”的なトラブルに留まりません。
女性にとっては非常に切実な、“美”の面でも忌まわしい症状が…。

 

例えば、シミやシワ、くすみといった症状の背景にも、
血行不良が密接に関わっているんです。

 

血行が悪くなると、
肌細胞への酸素・栄養の供給能力、ならびに
老廃物を回収する働きも衰えてしまうため、
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が低下してしまいます。

 

子供の肌がいつもぷりぷりでツヤツヤなのは、
このターンオーバーが非常に活発だから。
…ということは、逆にターンオーバーが低下すれば、
肌はボロボロになってしまうということですよね…。

 

ただでさえ、肌細胞では、
紫外線によって日々多くの遺伝子が傷つけられています。
少しでもダメージを軽減するには、やはり肌の血行を促進すること!

 

冷たい飲み物を避けて温かい飲み物を取るようにしたり、
身体を冷やさないファッションを心がけたり、運動で体温を上げたりして、
大切なお肌を守りましょう!

気力も血行に左右されるの!?

最後に、血行不良がもたらす最大の不快症状をご紹介しましょう。

 

それは…気力の低下です。

 

「最近、なんかやる気ないんだよね〜」
「冬になってから、どうも気分が乗らなくて」

 

…そんなあなたは、血行が悪くなって身体が冷えているのかもしれません。
血行が悪くなれば、脳の血液量も少なくなり、
なんとなく常にボーっとした状態になってしまいます。

 

しかも、手足にも血が通わず、思うように動けない…。
だんだん、「何もしたくない」という悪循環モードに突入するわけです。
いわば、冬眠支度を始めているような感覚ですね(笑)

 

なんとなくダルい、テンションが上がらないという症状にお悩みの時は、
近所のスーパー銭湯に行ってちょっと長めにお風呂に入ってみたり、
手足を冷やさないファッションを心がけたりしてみてはいかがでしょうか。

 

身体の芯が温まってくれば、やる気にも火がついてくるハズ。

 

人間には冬眠の習性はありませんので、冬も元気に働きましょうよ!