血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

動脈硬化とは?

「生活習慣病」という言葉から真っ先に連想されるであろう、動脈硬化
文字通りに解釈すると、動脈が硬くなる症状なのですが…。

 

素人には、そもそも動脈というものが
硬いものなのか柔らかいものなのかも良く分かりません(泣)

 

実際のところ、動脈硬化はどのようなメカニズムで発生する症状なのでしょうか。

 

そもそも、動脈とは通常はやわらかくあるべきもの。
酸素や栄養素を豊富に含んだ血液を体内各所にスムーズに流すために、
柔軟性を持たせた構造になっているのです。

 

動脈硬化とは、動脈の血管の内側の壁に
余分なコレステロールが蓄積することで血管が詰まってしまったり
血管の弾力がなくなって硬くなってしまったりする状態のことを言います。

 

メカニズムについてもっと具体的に説明すると
まず、脳や心臓など太い血管の内側に
「泡沫(ほうまつ)細胞」と呼ばれるドロドロした塊ができます。

 

これによって血管の内壁が徐々に盛り上がって血液の通り道が狭くなり、
同時に血管は弾力を失って硬化し、ちょっとした刺激で破れやすい状態に…。

 

単に硬くなるというよりは、弾力が失われると考えるのがベター。
水道の蛇口にとりつけたホースが硬くなって、
思うようにしならなくなってしまった状態をイメージすると良いでしょう。

 

動脈硬化が進行すると、血管が詰まって血液の流れが止まってしまったり、
血管が破裂して血液が血管から噴き出してしまったり…。

 

こうした現象はやがて、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、
腎動脈硬化症 、閉塞性動脈硬化症といった
取り返しのつかない病気を発症する原因になり得ます。

 

動脈硬化は自覚症状がないため、他人事のように考えている方も多いのですが
「4人に1人は動脈硬化で命を落としている」と言われるほど、
私たちにとって非常に身近な病態なのです。

 

動脈硬化の元凶ともいえる「コレステロール」には種類がありますが、
特に気を付けておきたいのが、LDL コレステロール。
血液中のLDL コレステロールが多すぎると、
血管壁にコレステロールが蓄積して血管が細くなり、
血管が詰まりやすくなります。

 

日頃から数値をチェックしておくことが大切です。

動脈硬化と血管年齢の関係

みなさんは、ご自身の「血管年齢」をご存知でしょうか?

 

筆者は数年前、行きつけの薬局で測定してもらいました。
幸い、実際の年齢よりも若かったので、
強気の笑みを浮かべて帰ってくることができましたが。
店の人はちょっと悔しそうでしたね(笑)

 

血管年齢とは、読んで字のごとく、血管の年齢のことをいいます。
この血管年齢が実年齢と比べてどのくらい高いかを調べることで、
身体内部の老化を知ることが可能です。

 

若く見える人でも、体内では老化が進行しているということもありますので
一度調べてもらうと良いでしょう。

 

この血管年齢を上げる原因となっているのが、やっぱり動脈硬化です。

 

脳卒中や心筋梗塞などによる突然死を招くメカニズムに関与していますが、
自覚症状がほとんどないために、
ある日突然…という恐ろしいパターンが多いようです。

 

血管の老化によって血管年齢が高くなると、次第に血管壁は硬化。
(水道のホースの劣化と同じようなメカニズムです)
厚みも増し、血管が狭くなって血液が通りにくい状態になっていきます。

 

こうなると血巡りが悪くなるために栄養の伝達が妨げられ、
結果として、内臓に必要な栄養分が行き渡らなくなってしまうというわけ。

 

寄る年波には誰も逆らうことはできませんが、
日々の生活の中でちょっとしたことに気をつけていれば
動脈硬化の進行を緩やかにすることは可能です。

 

その最も効果的な方法が、「食事の改善」でしょう。

 

食事に気をつけて動脈硬化を予防しよう

動脈硬化を予防するために、
誰でも今日からできる改善策が「食事内容を改善する」ということ。
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の増加は、
食生活である程度までは押さえることが可能なのです。

 

例えば、野菜、果物、きのこ類、海藻などには
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、
コレステロールを下げる作用があることが知られています。

 

野菜は1日350g、果物は1日200g以上を目安に
毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

 

一方で、脂肪や糖質の多くカロリーが高めの食品は、
肝臓でのコレステロール合成を促進してしまいます。
結果的に、体内のコレステロール量を増加させることにつながりますので、
コレステロールが高めの方はこうした食品は控えるようにしましょう。

 

とはいえ、一人で食生活を改善するのはなかなか難しいですよね(笑)。
血液検査でコレステロール値の異常や動脈硬化の可能性を指摘された方は、
家族にも協力を依頼して食生活を改めるべき!

 

ある意味では、奥さんの愛情を試すチャンスかもしれませんよ(笑)。