血行ドットコム

病気と血行のお話

病気と血行のお話記事一覧

その頭痛、原因は血行に有り??

慢性的な頭痛に悩まされている方は、思いのほか多いようです。特に、女性…。頭痛は、血液の流れ=血行と密接な関係があると言われています。ところで、頭痛持ちの方はご存知だと思いますが、一口に頭痛と言ってもその痛みには種類がありますよね。一つは、頭の片側や両側がズキズキ痛んで、吐き気やめまいがある頭痛。もう...

≫続きを読む

 

全ての不調は血行不良から?

突然ですがみなさん、ご自身の平熱が何度かご存知でしょうか?多くの方は、「36か37℃くらいかな」と答えると思います。筆者も、おそらく36〜37℃くらいだろうと思い込んでいましたから。これはたぶん、子供の頃から「熱がある=37℃を超えている」と、刷り込まれているからではないでしょうか?しかし、実際のと...

≫続きを読む

 

血行の不良が原因でアレルギーに?

花粉症や食物アレルギー、じんましん、アトピー性皮膚炎など、現代人の多くが悩まされているアレルギー症状。その原因はさまざまで、中には明確な原因を特定できない症状もあります。そもそもアレルギーは、免疫系が過剰に反応している状態。細菌、ウイルス、花粉など、自分とは異種の蛋白が体内に侵入したり、体内に抗原物...

≫続きを読む

 

風邪の予防にも血行の促進が効果的◎

冬でも夏でも、「寒いな」「疲れたな」「ダルイな」…と感じ始めた頃にかかってしまうのが「風邪」。体質的に風邪を引きにくい方もいますが、誰でも1度は風邪を引いたことがあるのでは?鼻水に鼻づまり、頭痛、発熱…と、とても仕事どころではありませんよね(汗)。ところで、同じような生活をしているのに風邪にかかりや...

≫続きを読む

 

血行改善でインフルエンザも怖くない!

毎年、冬になると人々をおののかせる「インフルエンザ」。実は、筆者はまだ一度も罹患したことがありません!30数年も生きてきて、1度も…。「珍しいね」と、よく驚かれます(笑)。しかし、今年こそ罹るんじゃないかと毎年戦々恐々としているんですよ。コレ、精神的にはあまり良くありませんよね…。さてさて、実はこの...

≫続きを読む

 

EDと血行の関係とは

望まない妊娠で心身を傷つけてしまう女性がいれば、赤ちゃんを待ちわびているのになかなか子宝に恵まれないというご夫婦もいて…。ご縁というのは、本当に分からないものです。特に、不妊症でお悩みのご夫婦の場合、世間の目はどうしても「奥さんの身体に原因があるのでは」と見てしまいがちなものです。しかし、実際は男性...

≫続きを読む

 

アトピーと血行の関係とは

アトピー性皮膚炎は、肌を掻きむしりたくなるほど強烈な痒みを伴う病気。体験しなければ、その辛さは分からないでしょう…。子供の頃からアトピーで、大人になってからも治らない人もいますし、大人になって突然発症する方もいます。そもそもアトピー性皮膚炎とは、皮膚や筋肉の血行を改善しようとして、体が自然に血流を促...

≫続きを読む

 

慢性じんましんを治したい!

ここ数年、筆者が悩まされているのは、じんましん(蕁麻疹)。じんましんは、赤いふくらみがボツっと表れて、それが広がったり、他の場所にも出てきたり…といった症状です。みなさんも、一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?一つ一つの大きさは、2〜3mm程度ですが、広がっていくとやがて10cm以上の大...

≫続きを読む

 

手足のしびれと血行不良

「長い間“正座”をしていて足がしびれた」…という経験、誰でも1度はありますよね?腕枕をしていて手がしびれた…ということもありがち。その時は力が入らなくて歩くこともままならないのに、次第に感覚が戻って元通りになります。何度経験しても、“しびれ”って不思議な感覚ですね。実は、“しびれ”という現象も血行と...

≫続きを読む

 

血行を改善して冷え性を克服!

「冷え性で、年中寒い…」という方、結構多いんですよね。冷え性とは、単なる寒がりのことではなく、身体の一部が冷たい状態が6カ月以上続く症状を言います。冷え性の原因はほとんどが血行の異常。血行不良から冷え性になってしまうケースをいくつか挙げてみましょう。■運動不足で筋肉が減少→心臓に血液を戻すポンプの力...

≫続きを読む

 

腸の血行を促進して便秘を解消しよう

お腹が張ったり、吹き出物が大量発生してしまったり、お肌がくすんでしまったり…。便秘は心までも憂鬱にしてしまう症状です。体内で発生した老廃物をスムーズに外に出せないわけですから、スッキリしないのは当然です。便秘の状態が長く続くと、排泄物が腸から再び身体に吸収されてしまうために血液が汚れてしまう原因にも...

≫続きを読む

 

血行を促進して薄毛予防!

年齢と共に深刻化していく薄毛の悩み。妙に人目が気になるようになって、「陰で薄毛を笑われているんじゃないか」…なんて被害妄想を抱くようになってしまったり…。どうにかして髪の毛の後退を食い止めたい!と、様々な育毛剤を試している方も多いことでしょう。しかし、どんなに高価な育毛剤を使っても、頭皮の血行を良く...

≫続きを読む

 

イザ、血行チェック!! 

自分の血行は、良いのか悪いのか。自分の身体は冷えているのかそうではないのか。…自分自身では判断できなかったりしますよね。とにかくいつも寒くて身体もダルイという方は、「自分は血行不良で冷え性だ」という自覚があるでしょうが、それはまだ良いほう。本当は冷えているのに、自分自身ではその異常に気づいていない場...

≫続きを読む

 

血行を促進して内臓を元気にしよう 

私たちの生活の基本は、食べて・出して・寝ること。「それじゃあ、動物と変わらないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、私たちも自然界から見れば動物の一種ですので。筆者だって、人間は特別な生物だと思いたいですが、それは私たちの思い上がりではないでしょうか。結局は、人間なんて「食べたものを消化して外に...

≫続きを読む

 

男性の血行改善ポイント

「血行不良」とか「冷え性」というと、どうしても「女性特有の症状」と思われがち。確かに、女性よりも体質的に筋肉が多い男性の身体は、女性の身体に比べて熱量を作り出す能力に長けているので、冷えによる影響を感じにくいもの。一緒に歩いていても、こっちは寒くて寒くて凍えそうなくらいなのに、男性のほうはケロッとし...

≫続きを読む

 

血行不良と糖尿病の関係

他人事のようでいて、決して他人事ではない身近な病気「糖尿病」。糖尿病とは、血液中の糖分が過剰になり(要するに血糖値が高い状態)、その状態が継続される病気のことを言います。健康な人の血糖値は、空腹時で110mg/dl未満ですが、糖尿病の患者では125mg/dl以上に達します。なぜ、このような現象が起き...

≫続きを読む

 

女性の血行改善ポイント

子どもを産むということは、女性だけに与えられた特権。男性は、残念ながらどんなに望んでも産む喜びや辛さを体験することはできません。その能力を持っているだけでも、女性は、自分がこの世に生を受けたことにプライドを持って良いと思います。ただ、残念ながら良いことばかりではありません。その分、女性特有の病気に罹...

≫続きを読む

 

血行を促進して歯を健康に

「歯医者に行くのが好きですか?」と訊かれて、「ハイ、大好きです!」…と答える人は珍しいのではないでしょうか。少なくとも、筆者はキライですね(苦笑)。歯を削る時の音、振動、独特の味…。子どもの頃から虫歯になりやすい体質だったので、それはもう何百回と歯医者に通っていますが、いまだに慣れません。そもそも虫...

≫続きを読む

 

耳と血行の関係

突然、周りの音が静かになって、キーン…と遠くから超音波のような音が響いてくる感じ…。「ん?モスキート音?」いえいえ、モスキート音が聞こえるようなお歳ではないですよね(笑)これは、「耳鳴り」と呼ばれる症状。健康な人でも、たまに耳鳴りに見舞われることがありますが、しょっちゅう起こるようだと耳の病気を疑う...

≫続きを読む

 

血行促進で胃腸も快調◎ 

生きることの基本は、食べたものを消化してエネルギーにすること。その過程をスムーズに行うためには、胃腸が健康であることが必須条件です。「食べて・出す」の経路がスムーズに行われなければ、健康に支障をきたすことは言うまでもないことでしょう。胃腸が正常に働くためには、やはり血行が良くなければ!胃だって細胞か...

≫続きを読む

 

血巡り改善でおなかの調子もよくなる

筆者の場合、「体調が悪い」と言う時の症状でダントツNO1は腹痛です。お腹がゴロゴロしたり、下り気味だったり、逆に便秘気味でお腹が張っていたり。どちらかといえば身体の感覚には敏感なほうなので、その日の気分がお腹の調子に左右されるということも少なくありません。みなさんの中にも、そういう方は多いのではない...

≫続きを読む

 

首筋の動脈マッサージで病気予防

ちょっと物騒な話になりますが、テレビドラマを見ていると、首筋を絞めて誰かを殺害する…というシーンがよく出てきますよね。被害者は、「うう〜ッ」と苦しみながら、やがて息絶えてしまう…。では、なぜ“首筋”を選んでいるのでしょう?それは、首筋は多くの神経や血管が走る非常に重要な部位だからです。そもそも首は、...

≫続きを読む

 

鼻の血流UPで花粉症も改善♪

一見、何の関係もなさそうに思われるかもしれませんが、実は、花粉症などのアレルギー性疾患と血流は密接な関係があります。体質にも依りますが、血行不良や冷えが原因でアレルギーを発症している例も多いのです。確かに…。筆者も、アレルギー性の花粉症やじんましんで通院していた時期がありますが、その時に医師から、「...

≫続きを読む

 

手の血行改善は全身につながる

突然のカミングアウトですが、筆者は他人の手を見るのが好きです。「手フェチ」というよりは、「(手の)血管フェチ」でして…(笑)男女問わず、うっすらと血管が浮いている手を見るとついつい見とれてしまいます。手の甲に浮き出た血管の具合で、なんとな〜く年齢の検討がついてしまうというのはつい最近気付いたのですが...

≫続きを読む

 

自律神経による血流コントロール

「血行が良い」とか「血行が悪い」とか、よく耳にしますよね。人によって血流の状態には差があるものですが、その差は何に起因しているのでしょう?血流が滞っている、血行が悪い状態を作る原因とはどのようなものなのでしょうか。まず、大前提として知っておきたいのは、血流はコントロールされているということです。動脈...

≫続きを読む

 

動脈をやわらかくして病気撲滅! 

よほどの仕事中毒でない限り、誰でも週に1日〜2日は休日を取りますよね(笑)。しかし、私たちの身体はどうでしょうか?もしも、血管が「今日はお休み」と言って仕事を休んでしまったらどうなるでしょう…。血管の仕事は、血液を運ぶこと。体内にある約60兆個もの細胞に、酸素や栄養分を供給しているのです。また、末梢...

≫続きを読む

 

血行改善で自然治癒力もUP!?

私たちの身体は、どこの皮膚を切っても赤い血が滴ってきますよね。それもそのハズ。人体に張り巡らされている血管の総延長は約10万kmとも言われており、全血液量は、体重の約8%に達するのだそうです。それだけの量の血液を、どのようにして運んでいるのか?言わずもがな、「血管」がポンプのような役割を担って運搬し...

≫続きを読む

 

生活習慣病と血行 

「生活習慣病」という言葉自体は、誰もが耳にしたことがあるでしょう。しかし、その範囲は非常に広く、「生活習慣病」という病名の病があるわけではありません。生活習慣病の具体例を挙げると、動脈硬化、高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳血管障害、脂質異常症、糖尿病。…察しの良い方ならばお気づきになるかと思いますが、生...

≫続きを読む

 

血液の状態は遺伝する?

筆者は、24歳の時に初めて正式な血液検査を受けたのですが、その結果には衝撃を受けました…。なにしろ、コレステロールが正常値を大幅に上回っていたので!当時、コレステロールが高い=肥満と思い込んでいたので、「中肉中背なのに…。そんなに良いもの食べてないのに…なんで!?」…と、納得いかない気持ちで再検査を...

≫続きを読む

 

脂質異常症と血液の状態

脂質異常症とは、血液中の脂質(血中脂質)に異常がある状態のこと。血液に含まれる脂質には、コレステロールや中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸がありますが、これらが「血液中にどの程度含まれているか」が、健康の一つのバロメーターと言えるでしょう。どれかが極端に多すぎてもダメですし、少な過ぎてもいけません。血液...

≫続きを読む

 

糖尿病と血液の状態

生活習慣病の代表格と言うべき、「糖尿病」。字のままを解釈すると、尿に糖が混じっている病気ということになりますが…。実際、その通りなのですが、糖が出るのは尿ばかりではありません。糖尿病は、血液の中にブドウ糖があふれている状態です。ブドウ糖とは、炭水化物(ごはんやパンなど)が分解されることによってできる...

≫続きを読む

 

血管の病気と性別の関係 

どんな病気にも、かかりやすい人とかかりにくい人がいますよね。例えば、筆者はまだ一度もインフルエンザにかかったことがありませんが、夫はすでに4回以上罹患しています。一方、筆者はどんなに食事に気をつけていても血液検査でコレステロール値の異常を指摘されやすいのですが、夫は暴飲暴食していても血液検査で異常を...

≫続きを読む

 

血行不良と不快症状

昔から、「冷えは万病の元」とよく言われますよね。実際、身体が冷えると手足がかじかんで思うように動かせなかったり、胃腸の調子が悪くなったり、がん細胞が活性化してしまったり…と、身体にとって良いことは一つもありません。実は、この「冷え」という症状も、原因を辿ってみれば血行不良が元になっているんです。血行...

≫続きを読む

 

動脈硬化のメカニズム

「生活習慣病」という言葉から真っ先に連想されるであろう、動脈硬化。文字通りに解釈すると、動脈が硬くなる症状なのですが…。素人には、そもそも動脈というものが硬いものなのか柔らかいものなのかも良く分かりません(泣)実際のところ、動脈硬化はどのようなメカニズムで発生する症状なのでしょうか。そもそも、動脈と...

≫続きを読む

 

動脈硬化性疾患と危険因子

動脈硬化性疾患とは、簡単に言うと、動脈硬化が引き金となって発症する疾患です。具体的には、冠動脈疾患、脳卒中が挙げられるでしょう。(いわゆる、心筋梗塞や脳梗塞など)要するに、動脈硬化が進んで血管がもろくなり、血管が詰まったり破れたりして血液の流れに大きなトラブルを生じる病気です。このような動脈硬化性疾...

≫続きを読む