血行ドットコム

エクササイズで血巡りUP!

血行不良の大きな原因は、運動不足。
みなさんも、「同じ姿勢でじっとしていたら足がむくんだ」とか、
「ずっとパソコンにへばりついていたら肩がこった」という経験、ありませんか?

筋肉の収縮運動には、血流を補助する役目がありますので、
運動不足になると筋肉量が落ちて血行が悪くなってしまうのです。

つまり、身体全体に十分な血液を流し込むためには、
心臓と筋肉が連動して“流れ”を維持することが大切なんですね。

流れが滞ってしまうと、体内各部の細胞に
必要な栄養素や酸素を届けることができませんし、
老廃物を回収することもできなくなってしまいます。

そこで、ぜひ行って欲しいのが、日常生活の中で気軽にできるエクササイズ。

「ジムに通って筋トレしてください」と言われても、
朝から晩まで仕事に拘束される毎日の中で
そんな時間を作るのは容易ではありませんよね。
血行の改善には、自宅で簡単にできるエクササイズで十分です!

筋肉を動かすことによって、
停滞していた血液や老廃物を流してやることができますし、
ストレス解消にも効果があります。

まずはほんの数分、
毎日の生活にエクササイズを取り入れることから始めてみてはいかが?

簡単な指のエクササイズで血行促進

エクササイズというと、
「身体が柔らかくないと無理なのでは…」「筋肉通になりそう」
…といったイメージを持ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、何も、アクロバティックな動きをすることばかりが
エクササイズではありません!
ごくごく簡単で、どちらかといえばマッサージに近いようなエクササイズも
血行改善には効果的なんですよ☆

例えば、指先は動脈と静脈が切り替わるポイント!
指先を怪我すると痛みが強いのは、
血管がびっしりと張り巡らされていることも影響しているんです。

すなわち、指先の血流を良くすると、全身の血行も改善するんですよ◎

◆指先から血行を促す◆

@両手の掌を自分のほうに向けて、両手の指を組み合わせます。
※親指はのぞきます。
※深さは、第一関節程度まで。浅く組むのがポイントです。

A親指も組みます。

B組み合わせた両手の平の間に卵を抱いているようなイメージで、
やわらかく閉じます。

Cこの状態を1分程度キープ!



スクワットで若返る!

「足は第2の心臓」と言われるように、
足の筋肉は全身の血行を良好に保つ上で重要なパーツです。

その証拠に、毎日足腰を鍛えているという女優の森光子さんは、
もう90歳だというのにいまだに精力的にご活躍されていますよね。
森さんは、毎日のスクワットを欠かさないのだとか。

「老化は脚からくる」と言われるように、
下半身を鍛えることは健康だけではなく若さをキープする上でも大切なんです。

みなさんも、若いうちからエクササイズで下半身の血行を促進し、
いつまでも元気に長生きしましょ♪


◆正しいスクワットの方法◆

@ 脚は肩幅に開きます。両手は頭の後ろで組みましょう。

A上半身を、おじぎをするように倒していきます。
この時、お尻を突き出しながら、4秒かけて腰をゆっくり下ろしていきます。

※ひざがつま先より前に出ないように注意★
※息は吸いながら
※ひざが90度になるまで下ろす必要はありません。
「効いてるな〜」と感じられる角度でキープしましょう。

B2秒で上体を元のまっすぐな姿勢に戻します。
呼吸は、止めずに吐きながら〜。

このエクササイズを、10回1セットで1日3セット行いましょう。