血行.com -血液サラサラ生活応援サイト-

コレステロールは本当に悪者なの?

健康診断の結果で話題に上る機会が多い項目といえば、
やはり断然、「血中コレステロール値」ではないでしょうか。

 

「コレステロールは動脈硬化の原因なるもので、体に悪いもの」
…というイメージが根強いようですが、本当にそうなのでしょうか?

 

実際は、必ずしもそうとは言い切れません。
なぜなら、そもそもコレステロールは人体にとって不要な物ではないからです。

 

細胞膜を作る材料であり、ホルモンや胆汁酸の原料でもある物質。
コレステロールが極端に不足すると、細胞膜はもろくなってしまいます。
例えば、血管の細胞が弱くなって簡単に破れてしまう…
ということも起こり得るのです。

 

もちろん、過剰摂取が良くないことも事実です。
余剰分のコレステロールは血管壁に沈着し、
動脈硬化を促進する要因となることはよく知られていますよね。

 

ここではやはり、何事も“バランス”が大切というわけです。

コレステロールとは?

さて、そもそもコレステロールとはどのようなものなのでしょうか?

 

コレステロールと言うと、もっぱら食事から摂取するものを思われがちですが
実は、体内の約80%のコレステロールは肝臓や小腸で合成されたものです。
つまり、食事から摂取しているコレステロールは
全体の20%に過ぎないというわけ。

 

コレステロールは肝臓からVLDL(超低比重リポたんぱく)の成分として
血液中に放出され、やがて代謝されてLDL(低比重リポたんぱく)になります。
そして全身へと運ばれ、細胞膜やホルモンなどに使われるのです。
(余剰なLDLコレステロールは血管壁に取り込まれて動脈硬化の元になります)

 

なお、末梢組織に蓄積された余分なコレステロールは
HDL(高比重リポたんぱく)によって回収されて血管に戻ってきます。

 

これらのサイクルは常に一定にコントロールされており、
本来は、古いコレステロールと新しいコレステロールが入れ替わって
全体の機能を維持しています。

 

しかし、食事からのコレステロールが過剰な状態が続くと
この制御機能がうまく働かなくなり、
様々な病気を引き起こすことにつながるのです。
(※遺伝的な要因でコレステロールの代謝に問題をかかえている方もいます)

食事に気をつければ血液は劇的に変わる!

体内のコレステロールを正常値に保ち、
血管を常に良好な状態に維持するためには、
なんといっても日頃の食事のバランスに注意を払うことが大切です。

 

脂っこい料理を摂り過ぎるのも問題ですが、野菜が不足することも問題!
なぜなら、野菜に含まれる食物繊維は、
腸内でのコレステロールの吸収を阻害してくれる作用があるからです。
「肉を食べたらその倍の野菜を食べろ」と言われるのは、そのためです。

 

また、特に女性に気をつけていただきたいのが、洋菓子の食べ過ぎ。
カロリーを気にして、食事の代わりにケーキを食べたりしている方もいますが、
ソレ、コレステロールの観点から言うとかなりマズイですよ!

 

洋菓子にはバターや生クリームといった油分がたっぷり含まれており、
肉を食べるよりもコレステロールが高くなりがちです。

 

これからは、カロリーばかり気にするのではなく、
その“成分”や“栄養素”にも目を向けて食べ物を選びましょう。

 

私たちの健康を作る元になっているのは、なんといってもやはり“食事”。
食事の内容を少し改善するだけでも、
身体の状態は大きく変わります。

 

たかが食事、されど食事です。

 

特に、血管には顕著な変化が表れますので、
「今のままではヤバイ」と思うのであれば、
まずは食事を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。